スタッフブログ

windows8にxamppをinstallしテスト環境を作成する。 (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めまして、PGのHal9000こと原田です。 これから、主に技術的な話題を中心に投稿して行きたいと思います。 連載第一回目は、windows8にxamppをinstallしテスト環境を作成してみます。


2440.jpg

連載第一回 windows8にxamppをinstallしテスト環境を作成する。(1)

この連載はHTMLが読める程度の「初心者」を対象に書いて居ます。 HTMLのデザイナーやphp初心者の方の、参考として、利用して頂ければ幸いです。

examppってなに?と言う方の為に一応説明して置きます。 通常WEBサイトを構築する場合は、ローカルのサーバーやテスト用のサーバーを立てて、作成したサイトの動作等を確認してから、本番環境にアップします。 そんな動作確認を開発に使っているWindowsのPCにサーバーを立てて行えたら、と言う要求からこのアプリケーションが生まれました。 つまり、Apache、php、Mysql、等のWEBサーバー上で動くアプリケーションのwindows版バイナリを、パッケージにして、このアプリケーション一つで ローカルでサーバーを運営出来る様にしたものです。

それでは、連載第一回目という事で、表題の通り、windows8にxamppをinstallしテスト環境を作成してみます。
xamppのインストールを行う前に、お使いのPCにwindows8のサービスやアプリでポート80や443を使用している物が無いか確認します。 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押します。 画面左下にメニューが表示されますので、「コマンド プロンプト管理者(A)」をクリックすると、コマンド プロンプトが表示されます。 この時、セキュイティ警告のダイアログが表示される事が有りますので、「OK」を押して閉じます。 コマンドプロンプトが表示されましたら、「netstat -nao」と入力します。

コマンド プロンプト 画像をクリックして拡大表示

コマンドプロンプトのプロセス一覧のなかで、ローカルアドレスの項目の:の後が80又は443に成っている物が有れば、80か443のポートを使用するアプリまたは、サービスが有るという事です。 この場合はxamppのインストール後にApacheのhttpd.confを設定変更する必要が有ります。 取りあえず、httpd.confの設定変更をする必要が有る事をメモして、コマンドプロンプトを閉じます。

XAMPPのダウンロード

この投稿の上部にあるxamppのロゴをクリックして「apache friends – xampp for windows」のページを開きます。

apache friends - xampp for windows 2013-08-31 08-50-26
画像をクリックして拡大表示

ダウンロードの linkxamppをクリックしてダウンロードのページへ進みます。
今回は、XAMPP Windows版 1.8.2のインストーラー版をダウンロードしてインストールしてみます。
ダウンロードページのXAMPP Windows版 1.8.2の欄のlinkインストーラーをクリックします。 apache friends - xampp for windows 画像をクリックして拡大表示
下の画像の様なダイアログが表示されますので、適当な場所に保存します。
installerexe を開く画像をクリックして拡大表示

※ダウンロードしたファイルはインストーラー(実行形式)なので、windowsのアプリ同様クリックするとインストールが始まります。
後はインストーラーのメッセージに従いインストールを行います。

取りあえず、今週はここまで。
来週は、インストールしたxamppの各種設定を行い、開発環境として使用出来る様にする所までの予定です。



関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>