スタッフブログ

番外編 wordpressの自動更新に失敗した!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Hal9000です。
先日、当社が管理するサイトの「wordpressを最新版にアップグレードしたい」との要請が有り
サイトの管理画面を見てみるとVer.3.2の様で自動更新が利用出来るバージョンなので、
案外簡単に出来るかな?(※大間違い)と思い。
諸条件を確認後、使用しているプラグインを全て無効にし「自動更新ボタン」を押したが最後、更新中にエラーメッセージを表示してストップしダッシュボードすら表示出来ない状態に成ってしまいました。

番外編 wordpressの自動更新に失敗した!

wordpress-logo-hoz-rgb

サーバー要件等は、事前にwordpress.orgで確認済で以下の様に成って居ました。
PHP バージョン 5.2.4 以上 (PHP 5.4 以上推奨)
MySQL バージョン 5.0 以上 (MySQL 5.5 以上推奨)
何れも、このサーバーで満たしています。
勿論更新する前に全てのプラグインは無効にしました。
では、何故自動更新に失敗したのか?
恐らく、コア・ファイルのどれかがハック(※カスタマイズ)されていたのだと思いますが、今と成っては手遅れです。

1.worepressの更新に失敗した時の対応

この様な場合、まず、落ち着いて対応策を考えるのが良いと思いますが、中々そうは行きません。
この様な事態は、何度も経験して居ますが、やはりドキドキ物です。
とは言え、サイトの方も更新前にメンテナンス中のサインを出したままなので、早急に対応策を決めなければいけません。

更新前に、サイトの.htassessを編集して、私のIPアドレス以外のアクセスをメンテナンス中の画面にリダイレクトする様にしていたので、外部からのアクセスには、メンテナンス中画面が表示されます。
メンテナンス中画面のphpファイルを編集してindex.htmlにリネームします。(※phpファイルでは、エラー表示が出ます)

さて、対応策ですが、更新前にDBの内様とファイル一式をバックアップして居ましたので、取り敢えず元に戻そうかとも思いましたが、 この際、wordpressの最新版をダウンロードして手動でテーマ等をマージしてアップロードする事にしました。

2.worepressの手動更新の方法

まず、先程のwordpress.orgより最新版のwordpress( 執筆時点では4.2.3 )をダウンロードします。
それを、サイトのローカルコピーとは別のディレクトリーに解凍します。

WS000001

画像をクリックして拡大表示

次にダウンロードしたwordpressの/wp-content/themes/にサイト上の/wp-content/themes/<使っていたテーマ>をダウンロードして加えます。
次に/wp-contentにサイト上の/wp-content/uploadsディレクトリーを同じ様にダウンロードして加えます。
更に、wordpressのイニシャルファイル(/wp-config.php)も同様にサイトからダウンロードして加えます。

WS000003

画像をクリックして拡大表示

これで、更新作業は終わりです。
後は、ダッシュボードからプラグインを更新し有効化して、最後にApacheのエラーログを確認して置きます。
今回も、コメント関係のスクリプトがエラーを出していましたので、修正しました。

今回は、Ver.3.2からの更新なのでこの方法が使えましたが、もっとバージョンが離れている場合は、新規にインストールしその後、テーマ関係をアップロードしfanction.phpをマージする等の手間が係りそうです。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>