スタッフブログ

windows8にxamppをinstallしテスト環境を作成する。(3) MySQL(database)の設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Hal9000です。 連載第三回目は、windows8にxamppをinstallしテスト環境を作成する。(3) MySQL(database)の設定 と題して、インストールしたxamppのMySQLのセキュリティ設定を行います。


xampp-logo logo-mysql-110x57

連載第三回 windows8にxamppをinstallしテスト環境を作成する。(3) MySQL(database)の設定


この連載はHTMLが読める程度の「初心者」を対象に書いて居ます。 HTMLのデザイナーやphp初心者の方の、参考として、利用して頂ければ幸いです。

それでは、先週インストールしたxampp1.8.2を起動しMySQLの設定を行います。 まず、最初にxamppが起動しましたら、画面左側にある「ステータス」ボタンを押して、現状の確認を行います。 下の画像では、Tomcat Serviceも起動していますが、これは、今回の連載とは、関係ありません。

XAMPP 1.8.2 2013-09-17 11-22-26
画像をクリックして拡大表示

XAMPPのセキュリティ設定

次に、画面左側にある「セキュリティ」ボタンを押して、XAMPP セキュリティというページを開きます。 「XAMPPもMySQLもphpMyAdminもパスワード設定が設定されていません。FTPは起動していないかブロックされています。」 と言う警告が出ていますので、警告を消すために、各項目を設定します。

Security Section 2013-09-17 11-49-32
画像をクリックして拡大表示

次に、ぺージの中程にある、「http://localhost/security/xamppsecurity.php 」と言うリンク」をクリックし、MySQLのセキュリティコンソール & XAMPPのディレクトリ制御というページを開きます。

Security Section 2013-09-17 12-07-18
画像をクリックして拡大表示

MYSQL 項目: “ROOT” パスワードには、MySQLのrootユーザーのパスワードを設定します。 このpaswordは、MySQLのrootユーザーのパスワードに成りますので注意が必要です。 設定を行ったら、必ず控えて置く様にしてください。 XAMPPのディレクトリ制御 (.htaccess)には、xanppのユーザーとパスワードを設定します。 何でも構いませんが、2byte文字は使用しないでください。 このユーザー名とパスワードは次回xamppを開く時にユーザー名とパスワードの入力を求められますので、必ず控えて置く様にしてください。 ページをリロードして、下の画像の様な表示になればOKです。

Security Section
画像をクリックして拡大表示

MySQLが起動しない場合の対処法

Apache WEB Serverと同様、MySQL Database ServerもWEBでの使用を前提に作られていますから、使用するポートが塞がっていると 動作出来ません。 下の画像はそんな状況を作り出す為に、わざとMySQLで使用するポートを他のサービスに割り当てて、起動しない状況を撮影した物ですが、 実際環境によっては、起こりうる状況」ですので、この場合の対処法を説明致します。

SnapCrab_XAMPP Control Panel v321   [ Compiled May 7th 2013 ]_2013-9-21_18-27-7_No-00
画像をクリックして拡大表示

MySQLの初期設定ファイル」である、「/xampp/mysql/bin/my.ini」をドリームウィーバー等の文字コードを指定出来るエディターで開きます。(※UTF-8) 次に、エディターの機能の検索・置換(※画像はドリームウィーバーですが、ドリームウィーバー以外でもこの機能は有ります)を使い、 ”3306”を検索し3308等に一括置換を行います。 置換が終わったら上書き保存を行います。 これで、MySQLの使用するポートをdefaultの”3306”から”3308”に変更出来ました。 「my.ini」の修正が完了しましたら、XAMPPコントロールパネルよりMySQLを再起動します。(※STOP&START) これで、MySQLもうまく起動出来る様に成りました。

SnapCrab_Adobe Dreamweaver CS6 - [myini]_2013-9-21_18-52-37_No-00
画像をクリックして拡大表示

以上で、MySQLの最低限のセキュリティ設定が完了しました。 実際には、テスト環境として使用する中で、MySQLの各種エラー表示等で、対応しなければならない設定は、色々有りますが、 それは、実際にテスト環境として使うときに、どのようなWEBアプリケーションを構築するかによって、変ってきます。 取りあえず、今回の記事では、最低限のセキュリティ設定を施し、各アプリケーションごとの設定は、その都度行う事と致します。

取りあえず、今週はここまで。
来週は、phpMyAdminとPHPの各種設定を行います。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>