スタッフブログ

ブログはじめました。 ~企業とホームページ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。大塚です。 今日からブログをはじめました。 ブログはじめました。 というか、このブログは元々あったんですが、これからもっと活用していこうかと思っています。 もともとこのブログを用意はしたものの、どうしてもお客さんのホームページの制作などを優先したりしているうちに、ほったらかしになってしまってました。 僕たちwebの活用を提案する者として、「これじゃイカン!」となったわけです。 なので、このブログを使って、インターネットに関すること、ホームページの活用についてや、デザインに関するあれこれ。 はたまたパソコン関連のことや、ひいてはビジネス全般的なこと。 SNSの活用方法や技術的なお話など、テーマは多岐にわたってやっていこうかと考えています。 もちろん、僕ひとりでやるわけではありません。 ビジネスプラスみんなでやります。 ご興味があればぜひお付き合いくださいませ。  

企業とホームページ

企業とホームページ さて、さっそく今日は「企業とホームページ」ということにフォーカスを当ててみたいと思います。 企業にとってホームページって必要だと思いますか? どれくらい必要だと思いますか? 絶対必要? あった方が良い? どっちでもいい? なくてもいい? むしろいらない? どう思われますか? あなたは過去に、取引先のHPを検索したことはありませんか? 恐らくほぼ全員が経験のあることだと思います。 知人からある会社の商品やサービスについてすすめられました。 その情報だけでは信用していいのかどうか判断に迷った時、周りに詳しい人がいないとき、どうしますか。 まずはその会社のHPを知らべませんか? インターネットでそのサービスについて検索しませんんか? 僕だったら検索します。 自称「ケンサクくん」の僕としては、気になったことは何でもグーグル先生に聞いてしまいます。 これは僕に限らず、大半の方がとる行動です。

ホームページは会社の名刺です

今や企業のホームページは「名刺」と同じです。 あなたは名刺を持っていない営業マンを信用しますか? 手作り感あふれる名刺を持っている営業マンと、 箔などがさりげなく施されている上品な紙質の名刺を使っている営業マンと どちらが良い仕事をしてくれそうに感じますか ホームページを用意していないということは、営業でいうところの“名刺を持たない”という選択肢をとるということに非常に近いです。 相手は「必ず」見ていると思っておいてください。 業種によって比率は違えど、今や必須になっているのです。

「更新しなければ・・・」 は置いておいて

ホームページを作る前から、 「ホームページを作ってもそんなに頻繁に更新もできないし・・・」 などと言われることも、時々あります。 まずは「更新しなければ」という脅迫概念は置いておきましょう。 それは二の次です。 作る前から更新のできるかどうかを心配し心悩ますのはナンセンスです。 ましてやそれが原因で作ることを踏み留まるなんで、本末転倒です。

情報発信ができる

ただ、できるなら、可能なら、余力があるなら情報発信を行ないたいところですね。 「何がなんでも更新しなければ・・・」 となるより 「情報を発信していいんだ!」 くらいに前向きに考えられると、非常にいいですね。 普段お仕事をしていると、色々とお客さん、クライアントに良く聞かれることがあると思います。 例えば・・・ アパレル関係のお仕事なら、コーディネートのことだったり 美容室なら、髪質のことや、整髪料のこと、カラーリングのこと、頭皮のこと。 保育園などの教育関連施設などなら、子どもの教育、しつけのこと そういったよく聞かれることをホームページの中であらかじめお話していくことができる、とポジティブに捉えてみてください。。 そうすれば、更新する意欲も意義もでてくると思いませんか? なおかつお客さんに有益な情報を与えられる。 みんなハッピーです。 そしてめでたく“役立つホームページ”がひとつ完成します。(笑) それくらいの感覚で取り組むといいのかも知れませんね。 それでは、今日のまとめです。

まとめ

・HPは必要 ・名刺と同じ ・相手は必ず見ている ・更新しなければならない脅迫概念にとらわれない ・余裕があれば情報を発信することができる 現代で営業する企業なら、ぜひホームページは活用していきたいところですね。 それでは、今日はこのへんで。 大塚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>